アルピニア アルピニア
学名: Alpinia zerumbet cv.“Variegata”
洋名: Shell ginger
和名(別名): アルピニア(黄斑月桃)
科属: ショウガ科 アルピニア属(ゲットウ属)
原産地: インド

葉の色: GR、LG
テイスト:  
耐陰性: ナシ
戸外越冬 不可
育てやすさ: 普通
病害虫: 普通
珍しさ: 珍しい
日当たり: 明るい場所
耐寒性: 強い
水やり: 多く(好む)


アルピニアの解説
葉に黄斑が葉脈に沿って不規則に入る美しい葉を持つショウガ科の観葉植物です。葉や根茎に芳香があり防腐効果があるので食物を包んだりします。葉鞘は編み 物細工や綱の原料として使用されます。初夏に長い花茎をのばし,花は白く、辺縁は黄色で赤の斑が入る非常に美しい総状花序の花をつけます。
備考
アルピニア
アルピニア