アナナス類

アナナス類 パイナップル科 Bromeliaceae

分類学的には、パイナップル科のアナナス属に含まれる植物の事を言いますが、園芸上は、約50属2000種ほどが知れらるパイナップル科の植物全体を総称します。 またブロメリアとは本来は一属名ですが、アメリカでは鑑賞用アナナス類の総称になっています。 日本ではアナナスと呼びますが、欧米ではパイナップルのことを指します。 アナナス類の多くは、花は短命ですが、苞や萼が長期間色あせず、観賞用に豊富な種類が栽培されています。 特徴として一度開花した株は2度と開花することはありません。ですが、株もとから子株が出て、それが育つとまた花が咲きます。

置き場所:一般的には、明るい半日陰に置くのが良いでしょう。夏場は戸外で、秋口からは室内で育てましょう。但し種類によって性質が若干異なるので注意してください。

水やり:鉢土の表面が乾いたらあげましょう。葉の中央に筒がある種類は、生育期はそこに水を貯めてあげます。冬は乾燥気味にし筒にある水は捨てるようにします。

肥料:基本的には要りません。花をきれいに咲かせるには、夏の間、月に1、2回、薄い液肥を与えましょう。

病害虫:カイガラムシ・ネコナカイガラムシの発生に注意。

ふやし方:子株。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA