イランイラン

東南アジアが原産の、細長い緑色の花弁がやがて黄色に変化し、エキゾチックな甘い香気を発する花を咲かせる植物です。原産地では10m以上にもなります。葉は細長い卵形で10cm程度、枝の先端は垂れ下がります。イランイランの花から抽出した精油は入浴剤や化粧品、香水などに使用されています。このイランイランという変わった名前はフィリピンのタガログ語が由来で「花の中の花」という意味だそうです。

学名: Cananga odorata
洋名: irang-irang
和名(別名): イランイラン、カナンガ、オドラタ
科属: バンレイシ科 カナンガ属(イランイランノキ属)
原産地: インド、フィリピン

耐陰性: ナシ
戸外越冬 不可
育てやすさ: 普通
病害虫: 普通
珍しさ: 普通
日当たり: 明るい場所
耐寒性: 普通
水やり: 普通

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA