アスプレニウム(アビス)の育て方・管理方法

■置き場所

日陰でもよく育ち、それほど寒さにも弱くないので、室内の日陰〜半日陰などに置くことができ、育てやすい種類です。5月から10月は戸外に出してあげて、庭木の下や家の軒下などの半日陰の場所に置いてあげると良く育ちます。夏は遮光し、冬は室内でガラス越しの光線を当てます。

■水やりのタイミング

多湿状態を好む為、こまめに葉に霧水をかけると良いです。特に新葉発生部が十分に濡れるようにたっぷりと与えます。また、室内では戸外より乾燥しやすいので、暖房を入れてある部屋では加湿器をおくとよいでしょう。一方、鉢土は過湿にならないように気をつけます。もともと着生植物なので、酸素不足にしないよう、鉢土が白っぽく乾いたところで与え、冬は控えめにして活勤を抑えますが新葉発生部は乾かさないように、週に2,3回霧吹き等で微温湯をスプレーすると良いです。

■肥料

新葉の緑を保つため、生育期は2ヶ月に一回程度化成肥料を与えます。冬は基本的に肥料は与えません。

■病害虫

ナメクジが葉を食べて、穴を開けたり淵をかじったりします。夜間に這い出して着た時に捕殺するか、誘殺剤で退治します。

■備考

■アスプレニウム(アビス)の育て方・管理方法・年間スケジュール

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
置き場所 室内の半日陰 戸外の半日陰OK 室内の半日陰
水やり 控えめ やや控えめ 乾いたらたっぷりと やや
控えめ
控えめ
肥料       2ヶ月に1回 置き肥    
病害虫       ナメクジ、カタツムリを駆除    
その他       株分け、植替え      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA