クテナンテの育て方・管理方法

■置き場所

5月から9月の生育期は戸外の明るい日陰で育てることができます。冬は室内のレースのカーテン越しに光が当たるような窓辺付近に置いてあげると良いでしょう。年間を通して室内で管理することも可能ですが、乾燥に注意して葉水等を与えてください。また、葉が枯れるようならもう少し明るい場所に移動をしてあげてください。冬は、10℃以上になる場所に置きます。 

■水やりのタイミング

他の鉢物に比べ、やや湿り気味の土を好みますので、生育期には鉢土の表面が乾いてきたら葉水を兼ねて頭からシャワーのようにたっぷりと水をかけてあげます。冬の低温期は寒害を避けるために、鉢土の表土が白く乾いて更に2、3日後に水を与えるように、やや乾かしぎみの管理を行います。更に週に2,3回程度、日中の暖かい時間に微温湯の葉水を霧吹き等で与えると良いでしょう。年間を通して霧水をたっぷり与え、高湿度を保つようにすることが大切な植物です。

■肥料

生育期では葉をたくさん出すので新芽が出始めたら、2ヶ月に1回程度、緩効性化成肥料を与えます。また、月に一度、カリ分の多い液体肥料を与えると良いでしょう。冬は原則的に与えませんが、室温が十分にあり生育が続いているようなら液体肥料を月に2回与えます

■病害虫

空気の乾燥している所で長い期間育てると、ハダニが発生します。ハダニは液汁を吸った跡が白い点となり残る為、葉色が悪くなります。

■備考

■クテナンテの育て方・管理方法・年間スケジュール

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
置き場所 室内の日当り 戸外の半日陰OK 室内の日当り
水やり 控えめ やや
控えめ
乾いたらたっぷりと やや
控えめ
控えめ
肥料         2ヶ月に1回 置き肥      
病害虫           ハダニの防除      
その他           株分け、植替え        

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA