シンゴニウムの育て方・管理方法

■置き場所

年間を通して室内に置くことができますが、生育期の5〜9月は戸外の日陰に置くと良く育ちます。置く場所は家の北側や大きな木の陰などが良いでしょう。冬は出来るだけ暖かい直射日光が当たらない明るい場所に置きます。 

■水やりのタイミング

生育期は鉢土の表面が乾いてきたら、葉水を兼ねてたっぷりと水をあたえます、冬は鉢土の表面が白っぽく乾いてから3〜4日経ってから、鉢土に水を与えます。空気の乾燥により葉が枯れることがありますので、週に数回程度、日中の暖かい時間に霧吹き等で葉水を与えてあげると良いです。

■肥料

生育期の4〜10月の期間に2、3ヶ月に1回の割合で緩効性化成肥料を施します。冬は与えません。

■病害虫

空気の乾燥によりカイガラムシやハダニが発生します。カイガラムシは湿った布でこすり落としハダニは葉水で落とします。

■備考

■シンゴニウムの育て方・管理方法・年間スケジュール

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
置き場所 室内の日当り 戸外の半日陰OK 室内の日当り
水やり 控えめやや
控えめ
やや
控えめ
乾いたらたっぷりと やや
控えめ
控えめ
肥料         1ヶ月に1回 置き肥      
病害虫       カイガラムシ、ハダニの防除    
その他         挿し木、株分け、植替え        

シンゴニウムに関連する商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA