ソテツの育て方・管理方法

■置き場所

生育期の4月下旬から10月下旬までは、なるべく日当たりの良い戸外で育てます。室内で管理する場合は日当たりの良く、風通しのよい場所に置きます。ソテツの仲間は耐寒性が強いものも多く、関東以西の暖地では戸外で越冬できる種類もあります。
比較的耐陰性がありますので、一時的に暗い場所に置かれるのは問題ありませんが、長期間置いた場合は葉が徒長して元気がなくなりますので、できるだけ室内の日当たりの良い場所に置きます。 

■水やりのタイミング

生育期は鉢土の表面が乾いてからたっぷりと水を与えます。冬は、鉢土表面が白っぽく乾いて3〜4日してから、鉢土に水を与えます。乾かしぎみに管理する方が越冬が容易です。

■肥料

あまり、多くの肥料をあげる必要の無い植物です。生育期の5〜10月に緩効性化成肥料を施します。冬は与えません。

■病害虫

カイガラムシが付くことがありますので、歯ブラシなどで落とします。

■備考

基本的には戸外で育てる事をお勧めします。室内ですと日当たりが悪い為に徒長気味に育ってしまいます。

■ソテツの育て方・管理方法・年間スケジュール

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
置き場所 室内の日当り 戸外の日向OK 室内の日当り
水やり やや
控えめ
乾いたらたっぷりと やや
控えめ
肥料       2ヶ月に1回 置き肥      
病害虫       カイガラムシ、ハダニの防除    
その他       株分け、植替え        

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA