チャボトウジュロ(チャメロップス)の育て方・管理方法

■置き場所

通年、日当たりの良い場所に置き、光線を沢山あててがっしりと丈夫に育てるようにします。光線不足になると葉が垂れ下がり、貧弱な幹となってしまいます。生育期の5〜9月は戸外の日当たりの良い場所に置き、冬は明るい室内に移動します。耐寒性の強い植物ですので、保温の必要性はありません。非常に耐寒性が強く-7℃程度の寒さまで耐える事ができるので寒い地方でも野外で越冬することが可能です。 

■水やりのタイミング

生育期は鉢土が乾いてきてからたっぷりと水を与えます。冬は、鉢土表面が白っぽく乾いてきたら鉢土に水を与えます。
地植えの場合は特に気にする必要はありませんが、乾燥が長期間続くようであれば、水遣りを行なっても良いでしょう。

■肥料

生育期には、2ヶ月に1回程度、緩効性化成肥料を施します。冬は与えません。

■病害虫

あまり虫がつく事はありませんが、稀にカイガラムシが付くことがありますので、歯ブラシなどで落とします。

■備考

■チャボトウジュロ(チャメロップス)の育て方・管理方法・年間スケジュール

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
置き場所 戸外の日向OK
水やり やや控えめ 乾いたらたっぷりと やや控えめ
肥料         2ヶ月に1回 置き肥    
病害虫       カイガラムシの防除      
その他         株分け、植替え        

チャメロップスに関連する商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA