ディフェンバキアの育て方・管理方法

■置き場所

高温多湿を好み、冬の寒さが苦手な植物です。冬はできるだけ暖かい室内の日陰〜半日陰の場所に置きます。12度以上を保つようにしてください。生育期の5月から9月は、室内の直射日光が当たらない明るい場所や戸外の半日陰などに置くとよく育ちます。強い直射日光にあたると葉やけを起こすので注意が必要です。日陰に置きすぎると徒長するので、こまめに半日陰に移動してあげます。 

■水やりのタイミング

生育期の5〜9月は、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。また、週に2,3回程度は葉に霧吹き等で葉水を与えると良いでしょう。寒さには弱い植物です。冬の低温時に水やりを行うと枯れてしまうことがあります。冬は、鉢土を乾かしぎみに管理し、鉢土が乾いて数日後に与えます。また、湿度を好みますので、微温湯を霧吹き等でまめに葉水与えると葉を元気にすることができて良いです。

■肥料

肥料切れを起こしやすい植物です。生育期では、2ヶ月に1回程度、化成肥料を与えるほか、生育開始前の4月と冬を迎える9〜10月頃に、カリ分の高い微粉ハイポネックスなどの液体肥料を2、3回与えるとよいです。

■病害虫

乾燥時にハダニが発生します。まめに葉水を行い早めの防除を心がけます。

■備考

■ディフェンバキアの育て方・管理方法・年間スケジュール

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
置き場所 室内の日当り 戸外の半日陰OK 室内の日当り
水やり 控えめ やや
控えめ
乾いたらたっぷりと やや
控えめ
控えめ
肥料         2ヶ月に1回 置き肥      
病害虫       ハダニ、カイガラムシの防除      
その他         挿し木、株分け        

ディフェンバキアに関連する商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA