フィカス・アルテシーマの育て方・管理方法

■置き場所

光を好む植物ですが、ある程度の耐陰性があるので、室内のどの場所にも置くことができます。但し、長いこと日陰に置いておくと、葉が垂れたり間延びした樹形になってしまいますので、時々移動して明るい場所に置くようにして下さい。基本的に強い光を好む植物です。綺麗な樹形を保つのであれば出来るだけ日の当たる場所に置いてあげるようにしてください。但し、いきなり直射日光に当ててしまうと葉焼けを起こす原因となりますので注意が必要です。また、冬は日照時間等の影響で不足気味になってしまいますので、出来るだけ日の当たる場所に置くようにしてください。

 

日光が当たれば当たるほど葉の班が鮮やかで美しくなります。

綺麗な樹形、葉色を保ちたいのであれば、日照量に充分な注意がひつようです。 

■水やりのタイミング

葉が大きいので、5〜9月の生育期間は鉢土がよく乾きます。生育中は鉢土の表面が乾いてきたら多めにたっぷりと水やりをし、葉水もかけると良いでしょう。(受け皿に水は貯めないように)また、葉水は室内では濡れた布で葉を拭くか、霧をかけてあげます。冬は鉢土が乾いてから3、4日経ってから水を与え、渇き気味に管理します。但し、冬場は、暖房などによる部屋の空気の乾燥が激しい為、霧吹き等でまめに葉水を与えるようにします。

■肥料

基本的に丈夫な植物です。室内での管理では液体肥料だけでも十分です。
通常の肥料を施肥する場合は、生育期は1ヶ月に1回の割合で緩効性化成肥料を施します。肥料は定期的に施した方が葉の大きさに差が出なくなります。冬は与えません。

■病害虫

空気の乾燥によりカイガラムシやハダニが発生します。カイガラムシはこすり落としハダニは葉水で落とします。

■備考

植替えを行う場合は、出来るだけ水はけの良い用土がよいです。但し、あまり軽い土だと樹体を保持しにくいので赤玉土7、ピートモス3といった割合が良いでしょう。市販されている観葉植物の用土を使用する場合はそのままでも結構ですが、可能なら50%ほど赤玉土を加えてあげると良いです。繁殖は、取り木または挿し木にて行います。

■フィカス・アルテシーマの育て方・管理方法・年間スケジュール

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
置き場所 室内の日当り 戸外の日当りOK 室内の日当り
水やり 控えめ やや
控えめ
乾いたらたっぷりと やや
控えめ
控えめ
肥料         1ヶ月に1回 置き肥      
病害虫         カイガラムシ、ハダニの防除、炭疽病      
その他         挿し木、取り木
株分け、植替え
       

フィカス・アルテシマに関連する商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA