ユッカの育て方・管理方法

■置き場所

通年、日当たりの良い場所に置き、光線を沢山あててがっしりと丈夫に育てるようにします。光線不足になると葉が垂れ下がり、貧弱な幹となってしまいます。生育期の5〜9月は戸外の日当たりの良い場所に置き、冬は明るい室内に移動します。耐寒性の強い植物ですので、保温の必要性はありません。比較的暖地では野外で越冬することも可能です。 

■水やりのタイミング

生育期は鉢土が乾いてきてからたっぷりと水を与えます。冬は、鉢土表面が白っぽく乾いて3〜4日してから、鉢土に水を与えます。この時、水を与えるタイミングとしては天気の良い午前中に与えてあげると尚良いです。そして、週に1〜2回程度、日中の暖かい時間に霧吹き等で葉水を与えてあげましょう。冬は乾かしぎみにすると、根腐れなどの失敗が減り管理が容易になります。朴物の中には、まだ根がしっかりと出ていないものがありますので注意が必要です。

■肥料

生育期には、2ヶ月に1回程度、緩効性化成肥料を施します。冬は与えません。肥料は多すぎると徒長気味に育ち株長姿が乱れますので控え目にします。

■病害虫

カイガラムシが付くことがありますので、歯ブラシなどで落とします。

■備考

丈夫で育てやすい観葉植物ですが、水のやりすぎは禁物です。水をやり過ぎると根や幹が腐って、地際からぐらついたり倒れたりしてしまいます。このような場合は、直ちに水やりを中止し、暖かい場所に移動して被害の拡大を抑ます。また、暖かい季節になりましたら腐った部分を切り取り、さし木で再生します。大きくなりすぎた場合は、新芽を切ると、下から新たな芽が出てきます。また、切取った芽は刺し穂にして増やすこともできます。切り口は雑菌が進入して傷みやすいので、石灰や根腐れ防止剤などをまぶします。また、上部の場合は接ぎロウを塗るようにしましょう。

■ユッカの育て方・管理方法・年間スケジュール
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
置き場所 室内の日当り 戸外の日向OK 室内の日当り
水やり 控えめやや
控えめ
やや
控えめ
乾いたらたっぷりと やや
控えめ
控えめ
肥料         2ヶ月に1回 置き肥    
病害虫       カイガラムシ、ハダニの防除      
その他         挿し木、株分け、植替え        

ユッカに関連する商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA