観葉植物に新鮮な空気を与える

観葉植物は、人間や動物ほどではありませんが呼吸をしています。
密閉された容器内でもめったな事では窒息はしませんが、部屋の窓やドアなどを時折開けることで、観葉植物に新鮮な空気を与えてより元気に丈夫に育ってくれます。

換気をすることのメリットは

  • 風通しを良くすることで、空気中の湿度を下げる。
  • カビ類が原因の病気(灰色カビ病など)の予防
  • 害虫(ハダニ、カイガラムシ)の予防
  • 茎がしっかりと丈夫に育つことで、病害虫にも強くなる
  • 室内の植物にとって有害なガスを逃がす。

のように植物をより丈夫に元気に育てることができます。

換気をする際の注意点としては、暖かい春〜秋頃までも特に気にする必要はありませんが、冬の気温が低下しているときなどは寒さに逆に植物が傷んでしまう場合もあります。

冬季は、暖かい日中に少し換気を行うなど、植物が寒さにやられないように注意してください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA