観葉植物を育てる温度

多くの観葉植物の原産地は熱帯・亜熱帯のため、種類によっての差はあるものの生育に最適な温度は20〜25℃程度です。

一般的なお部屋で観葉植物を育てる場合は、あまり意識する必要はありませんが、寒冷地にお住まいの場合は冬季の夜間や暖地にお住まいの日中などは、予想以上に温度の上昇や低下があり、植物の生育に影響がでる場合がありますので注意が必要です。

日本では四季があり、年間を通して気温の変化が大きく、多くの観葉植物の原産地である熱帯・亜熱帯の気温に近い、晩春〜初秋にかけては生育もよく植物も順調に育ちますが、逆に晩秋〜初春にかけては気温の低下に伴い生育も停止したり、鈍くなったりします。

植物の越冬は一般的な室内であれば、置き場所に注意をして、水やりを控えめにする、低温に徐々に慣れさせるなどにより殆ど問題なく越冬ができます。

ただし、特に高温を好む植物などに関しては夜間にダンボールなどで覆ってあげたり、温かい部屋に移動するなどの対処が必要になる場合もあります。

置き場所を確認する:夜間の窓側などの場所は、非常に冷え込み植物に冷害が発生する場合があります。
特に寒さに弱い種類などは、日中は窓際に置き、夜間は部屋の中央側に移動するなどが必要になります。

水やりを控えめにする:植物への水やりの頻度を減らして、乾燥気味に育てることで植物の耐寒性が向上します。

観葉植物を育てる温度” に対して1件のコメントがあります。

  1. makimoplant_webmaster より:

    観葉植物の多くは、熱帯や亜熱帯原産であるため、やはりある程度の温度は必要です。日本は四季があり、春から秋は気温も15℃を下回ることは無いので、殆ど問題はありませんが、冬季は気温も低下して問題となります。ただし、近年の住宅はかなり機密性も高くなり、室内の温度も比較的暖かくなってきていますので、あまり問題にならない場合が多いです。基本的には10℃を下回るような環境ですと、植物の種類にもよりますが、置き場所の見直しや加温等が必要になります。また、冬季は窓際などの気温が特に低下します。日当たりは良くても気温が下がってしまうと、冷害を起こす場合がありますので、こうなる前に部屋の中央付近に移動をしたり、少し高い場所に置かれるなどの工夫が必要となります。また、植物が大きくて移動が困難なばあいなどは、厚手のカーテンを引くだけでも寒さはかなり防ぐことができます。
    また、水やりとも関係がしているのですが、冬季は観葉植物に与える水の量を控えめにすることで、植物自身の耐寒性を向上させ越冬をより容易にさせることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA